Жизнь в Японии

Transferwiseでロシアへ送金を試みた件&РВП取得のリスクについて

トランスファーワイズ Transferwiseを使って送金しようとした件

 

以下、transferwiseについて書いた過去記事リンクです。

日本からロシアへ安く送金する方法とロシアの銀行の高金利の恩恵を受ける方法夫だけ今月末にロシアへ一時帰国することにしているので、(関連記事:年明けに(夫だけ)ロシアへ帰省【マイルを貯めるには?】) マイル...

前回書いた記事:結局ロシアにお金を残さない件(銀行のセキュリティ)&連休の所感では、ロシアではお金を残さないことになりました。

ただ、お金をtrasferwise で送金してみたかったので、そのお金を「何かしらの金融商品を試しに購入してみたら?」と伝えました。

リスクがあっても失ってもいいと思える額でw

 

オンラインで送金を色々試しました

 

Facebookでも送金できるということで(手数料は150円くらい)、試してみましたが、送金できるものの受取に使用できる口座は日本国内の口座でした。

VKontakteでも送金できるサービスがあるそうですが、同じくロシア国内に限られる模様です。

やはり、Transferwiseしかない。

 

まず、Transferwiseのサイトへ行く

transwerwise

まずは下記のような画面が現れます。

引用:transferwise.com/

 

着金予想はだいたい3日後か(銀行営業日によって左右されるかも)

 

引用:transferwise.com/

 

上記画像は、送金時に画像を撮ってなかったので、シュミレーションです。

キャンペーン等があったり終わったりとするので、手数料は画面でご確認下さい。

本日(2/17)から3日後の20日。土日挟まない場合はもっと早いかもしれません。

 

送金先を指定する(ロシアの銀行口座へ送金)

 

受取人のメールアドレス、ロシア語で受取人の名前を書きます。

銀行で登録している名前を確認する必要があります。夫は「ё」が名前にあり、

その「ё」が「е」で登録されていたりするので、銀行口座の登録名を確認したかったのですが、

ネット上で姓が省略されて登録されているので不明でした。

ズベルバンクのオンラインでのДержателяの姓が一文字で省略って、なんかズサンじゃない??(^_^;)大丈夫か・・・

ここはハッキリさせないといけないのですが、まだ確認できてないのです。

とりあえず、省略されてない名前でここは入力しました。

皆さまは絶対に確認して送金してください。一文字でもёとかеが違うと受け取れない可能性大です。

しかし紛らわしい・・・ёがある名前。。(-_-)夫の国内パスポートはёなのに国際パスポートはе…

銀行だけじゃなく、こういう登録関係もズサンすぎないか??(^_^;)

引用;transferwise.com/

 

ちなみに、ズベルバンクオンラインで口座番号が確認できます。

ロシアのカードのところに入れると桁数でエラーがでるので、ロシアの銀行口座へ入力するとエラーは消えました。

ちなみに銀行コードは同銀行でも口座開設した支店によって番号が変わるので、口座情報を確認してください。

 

↓口座情報が載っているところ

引用:URCARDS.RU

 

入力したら、一度確認画面が出て、再度確認。

 

引用:transferwise.com/

 

簡易書留郵便による住所確認が大幅に期間を遅らせることに(10万円以下は本人確認書類のみでOK)

 

着金予想は早いが・・・

以下の気になる文面が。

引用:transferwise.com/

 

新規口座開設時に本人確認書類のご提示と簡易書留郵便の郵送による住所の確認が必要になります。

(;´Д`)えーーー絶対3日で送れんやん!となった私。

ただ、10万円以下の場合は簡易書留郵便による住所確認は不要で送金できるらしいです。

(私は送金時点でこれを知らなかったのです・・・)

しかし、今後の為にこの機会にこれらの手続きを済ませておくことにしました。

本人確認書類はtransferwiseのサイト内で案内に沿ってアップロードします。

 

日本で非居住者としている方は、以下の文面より少々難航しそう。

住民票を外しており、現在日本国外へ居住されているお客様で、日本に本人確認書類と一致する住居(住所確認書類が送付可能な住所)を現在でも保持されているお客様に限り、非居住者である宣言を送金手続き中にご申告頂く事により、マイナンバー関連書類の提出を省略する事が可能な場合がございます。 by transferwise

 

以下、transferwiseから引用した本人確認書類のアップロードについてです。

1) マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方

マイナンバー(個人番号)カードのみでお申し込み頂けます。

両面の写真をこちらからアップロードして下さい。
※写真の四隅が欠けていないことにご注意ください。
アップロードされた書類の有効性を確認後、2営業日程度で、本人確認書類に記載の住所へ転送不要・簡易書留にてアクティベーションコードを郵送いたします。
アクティベーションコードをプロフィール画面にてご入力頂くことにより、登録が完了いたします。
※返納扱いとなっているマイナンバーカードは取り扱い出来ません。

2) マイナンバー「個人番号カード」をお持ちでないお客様

パターンA: 顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合
パターンB: 顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合
パターンC: 非居住者のお客様

※パターンA 顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合
顔写真付きの身分証明書およびマイナンバー通知カードのご提出が必要となります。

ご用意いただく書類
1) 免許証などの顔写真がついた身分証明書のコピー(下記ご利用可能な本人確認書類をご確認ください)
2) マイナンバー通知カード、又はマイナンバー記載のある住民票の写し

1) ご利用可能な本人確認書類
日本で発行された以下の書類を身分証明書として受け付けています。
うち一点の写真こちらからアップロードしてください。口座開設時に有効期限内である書類のみご利用いただけます。
※写真の四隅が欠けていないことにご注意ください。

  • 運転免許証 (表面、裏面の両方)
  • 日本国パスポート(顔写真面と所持人記入欄を必ずご送付ください。旅券番号が鮮明に確認でき、所持人記入欄は日本語で記載されている書類が有効です。)
  • 在留カード(表面、裏面の両方)
  • 住民台帳基本カード(表面、裏面の両方)
  • 運転経歴証明書(表面、裏面の両方)
  • 特別永住者証明書(表面、裏面の両方)

2) マイナンバー通知カード、またはマイナンバー記載のある住民票の写し

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバーが記載されている住民票(発行日から6ヶ月以内)

アップロードされた書類の有効性を確認後、2営業日程度で本人確認書類に記載の住所へ、アクティベーションコードを転送不要・簡易書留にて郵送いたします。
アクティベーションコードをプロフィール画面でご入力頂くことにより、登録が完了いたします。


※パターンB 顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合
誠に申し訳ございません。弊社規則により、顔写真付の本人確認書類をお持ちではないお客様の口座開設および送金は、お断りさせて頂いております。
また、転送不要・書留郵便をお受け取りいただける、有効なご住所が記載された本人確認書類をお持ちでない場合も、ご送金を承ることが出来ません。予めご了承下さい。

※パターンC 非居住者のお客様
条件:顔写真付き本人確認書類をお持ちの非居住者のお客様で、マイナンバー関連書類の取得が困難なお客様

ご用意いただく書類
1) 免許証などの顔写真がついた身分証明書のコピー (下記ご利用可能な本人確認書類をご確認ください)

住民票を外しており、現在日本国外へ居住されているお客様で、日本に本人確認書類と一致する住居(住所確認書類が送付可能な住所)を現在でも保持されているお客様に限り、非居住者である宣言を送金手続き中にご申告頂く事により、マイナンバー関連書類の提出を省略する事が可能な場合がございます。

アップロードされた書類の有効性を確認後、2営業日程度で、本人確認書類に記述されている住所へアクティベーションコードを転送不要・簡易書留にて郵送いたします。
日本以外への郵送は承ることが出来かねますので、予めご了承下さい。

ご利用可能な本人確認書類

日本で発行された以下の書類を身分証明書として受け付けています。うち一点の写真こちらからアップロードしてください。
※写真の四隅が欠けていないことにご注意ください。

口座開設時に有効期限内である書類のみ、ご利用いただけます。

  • 運転免許証 (表面、裏面の両方)
  • 日本国パスポート(顔写真面と所持人記入欄を必ずご送付ください。旅券番号が鮮明に確認でき、所持人記入欄は現住所が日本語で記載されている書類が有効です。)
  • 在留カード(表面、裏面の両方)
  • 住民台帳基本カード(表面、裏面の両方)
  • 運転経歴証明書(表面、裏面の両方)
  • 特別永住者証明書(表面、裏面の両方)

3) ご注意事項

  • 日本から海外への送金については、居住国に関わらず、日本で発行された本人確認書類以外では認証手続きを行えません。
  • 滞在地でのビザ状況や、日本での住民票の状況による例外なく、転送不要・簡易書留による住所確認は必須です。また、日本国外へは郵送出来ません。
  • 初回の送金かつ、送金額が10万円以下の場合のみ、アクティベーションコードの到着を待たずに、本人確認のみで送金可能です。
  • 公共料金の領収証や健康保険証では、ご本人様確認を行うことができません。
  • アップロードされた本人確認書類記載のご住所と登録のご住所が異なる場合は、受付不可または再度ご提出が必要となります。
  • カバー等でぼやけているもの、加工されているもの、四隅のうち一部でも欠けているもの、全体が鮮明に映っていないもの、光の反射等で見えなくなっている箇所があるもの、塗りつぶし等がある写真は受付不可となる可能性がございます。
  • 婚姻等により姓が変わった方は、新姓、旧姓の結びつきを確認できる書面のご提出をお願いする場合がございます。詳しくはカスタマーサポートまでお問い合わせ下さい。

引用:https://transferwise.com/ja/help/article/2735920//

 

本人確認書類は約2日、住所確認は約4日程かかる

 

本人確認書類をtransferwiseの案内に沿ってサイト上にアップロードを済ませると、本人確認書類の確認は約2日ほどで「確認完了」の通知がメールで来ました。

そして住所確認の為の簡易書留郵便は4日程で届きました。

👇これがその簡易書留郵便。

 

開封すると、コードが書かれた用紙がありました。このコードをいれると住所確認完了です。

 

 

ログインすると、すぐにコードを入れる画面で待機してくれています。

引用:transferwise.com/

用紙に書かれていたコードを入力し、完了!

 

引用:https://transferwise.com/

 

(*´ω`)送金できる状態となりましたが、今回はこの時点で夫がロシアに居る時間が残り少なくなった為、

送金しても何もできないので、「Transferwiseをいつでも利用できる状態にした」だけで終わりましたw

リンク:transferwise

 

実際に送金した記事はこちら☟

ロシアへ送金!MoneyGramとTransferwiseを比較!【手数料最安はどこ?】...

 

ロシアでРВПに再挑戦するリスクについて、ちょっとだけ語ってみる

 

transferwiseの記事を書いただけでやや力尽きたので(^_^;)

この件は詳しくはまたの機会に詳しく書きたいと思っていますが、忘れないうちに軽く書いてみることにしました。

以前、👇この記事を書きました。結局私は帰省できなかったのですが(参考記事:搭乗拒否され、ロシアに帰れない年末年始

もし帰省していてもРВПの申請はしない、としていました。

帰省時にРВП再申請するか否か Будем ли мы снова подавать заявление на РВП?ロシアへ帰省した時にРВПを再申請するか・・・ (´ー`)そう、私の一度目の申請は失敗に終わったのです(一一") Мы думаем...

それでも、ロシアに将来住むという選択肢が消えていない以上は、

やはりまた試験受けなおす面倒くささを考えると労働許可試験の合格証明書の期間があるうちに

「再手続を試みてもいいのでは?」というのは期限がある間は頭にある感じです。

 

ただ、少し気になっているのが・・・

私は僅かながら証券会社の口座で積立て等しているのですが、

海外に住所がある人は原則として日本の証券会社では取引はしてはいけないことになっています。

海外からアクセスはできることもあるそうで、厳密に取り締まっているわけではなさそうなのですが、(多分、旅行者や出張の者の為でもある)

もし何かあって、「海外にも住所あるじゃん!」って責められてお金受け取れないのは最悪だなと思っており(-_-;)そんなことは無さそうですが。。

よくよく調べたら、海外に移住した人でリスク回避の為に「日本の証券会社の口座は凍結した」という方々は結構いらっしゃるわけです。

国税庁からすると海外に住んでいても、税金納めてくれるんだからプラスなのでお咎めなさそうですが。むしろ、凍結しないとこちらが損するだけなのですが。

 

日本とロシアの情報というのは紐づいていないので、実際にはРВПを取得しても日本にバレることは無いとは思います。

積立てしている金融商品は途中でもお金を出せるのでいいのですが、現在新規に契約したiDeCo(個人型確定拠出年金)は

途中で解約しても60歳以降しか受け取ることはできません。(‘ω’;)

もし、日本で非居住者として申請した場合は取引はストップし口座にはお金が入ったまま60歳まで待つことになります。

 

ただ、証券会社に申告せずに海外に長期滞在、海外移住を続けていると、最悪の場合、口座の廃止もありえるそうです。

私はРВПを取得したとして、ロシアに住むことになったとしても、日本では居住者のままでいるつもりなのです*。

(※訂正。非居住者の手続きをした方が良いみたいです。  ‎関連記事:ロシアで生活すると想定して将来を考えてみた(2019年訂正)

もちろん税金やらは払う覚悟で、お金はかかりますが日本に帰国しないまま1年以上ロシアに住み続けるということはしない予定。

ただ、非居住者の定義が、証券会社では住民票で非居住者となっている、という定義ではなく・・・

「非居住者」とは(国内税法に鑑み定義しています)
1年以上にわたり日本以外に居住している、または居住する予定がある者
期間に定めの無い海外転勤、海外留学をする者(当社では1年未満でも非居住者とみなします)
※但し、上記に関わらず、本邦の在外 公館に勤務する目的で出国し、外国に滞在する方は、「居住者」として扱われます

引用;https://info.monex.co.jp/policy/request.html

というような定義なのです。

(在ロシア日本大使館の職員は日本の「居住者」のままで良さそうですが、そもそも政治に関わる人物となるので証券会社の口座を開けることができるのか疑問・・・。実際どうなんだろう、、私には関係のない話ですが。)

ということは、私が目指しているロシアと日本で行き来しながら暮らすという生活は・・・なんだか黒に近いグレーw

また、もっと厳密にいうと、証券会社の口座ではなく普通の銀行口座でも非居住者に対してサービス等を制限しているとのことです。

日本の普通口座にお金を入れているだけなら問題にはならなさそうですが、気になる方は銀行に問い合わせてみてもいいかもしれません。

では、またこの件は掘り進めて書いていけたらと思います。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

POSTED COMMENT

  1. […] これが少し時間がかかります。これについてはこちらに詳しく書いています。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です