ロシア

史上初の原油価格がマイナス!ロシア経済とコロナ感染拡大について

史上初の原油価格がマイナス!?

昨日のニュース記事で衝撃を受けました。

米ニューヨーク商業取引所で20日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の枯渇により、原油価格が史上初めてマイナスとなった。

引用:https://www.bbc.com/japanese/52351592

画像引用:https://www.bbc.com/japanese/52351592

マイナスってどういうこと?!

原油価格の暴落で原油がめちゃくちゃ安くなるのは分かる。

でもマイナス・・・つまりは原油を買う方がお金を貰えるというあり得ない事態になっています。

世界中がコロナでロックダウン等し、生産活動や航空機もあまり稼働していないので需要がありません

そんな中、貯蔵のコストを削減するべく投げ売りがされてマイナスに。

エネルギー資源に頼るロシアはどうなる!?

ロシアの歳入内訳

注意:2015年のものなのでイメージとして使用しています。

画像引用:https://www.wikiwand.com/ru/(2015年のグラフ)訳:管理人。間違えがある場合は教えて頂けたら助かります。

 

時事ドットコムニュースによると・・・

ロシアは国家予算の35%程度を石油・天然ガス関連の歳入に依存。(https://www.jiji.com/jc/article?k=2020042100238&g=int)

2015年の上図のグラフを見てみると、

таможенные пошлины 輸出関税

налог на на добычу полезных ископаемых 鉱物資源採掘税

輸出関税+鉱物資源採掘税で48%あります。

ロシアの輸出の約60%は燃料・エネルギーで占めており、鉱物資源採掘税なども合わせると2015年も35%くらいの予算だったと思われます。

ロシアの財政はエネルギー資源に大きく左右される構造なんですね。

ちなみに、日本の歳入の32%は公債金です。日本国民にお金を借りている状態です。

2020年3月ルーブルが暴落

ロシアの通貨、ルーブルはエネルギー資源の影響を受けやすいです。

ロシアルーブル/円のグラフです。

画像引用:https://www.rakuten-sec.co.jp/

なぜ暴落したのでしょうか?

実はアメリカが石油の生産量は世界1位

☟世界の原油(石油)生産量 国別ランキング

画像引用:https://www.globalnote.jp/post-3200.html

原油の価格は生産量を話しあって決めており、価格が下がりすぎないようにしています。

価格が下がりすぎると収入がエネルギー資源に依存している国は困るので安くなりすぎないように調整している感じらしいのです。

アメリカの企業ばっかり儲かってるのが、気に入らない・・・

シェール革命以前はロシアとサウジアラビアが原油生産量の国1位、2位という感じでした。

加えてロシアは米国の経済制裁に対して怒りもあり・・・

「ロシア政府はアメリカのシェールオイル生産業者の行く手を阻み、パイプラインに余計な口出しをしたアメリカを罰するためにOPECプラスを犠牲にすることを選んだ

引用:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/post-92668.php

しかし・・・減産に応じないロシアに怒ったサウジアラビアが

増産します!

(※調べてみると色々と深くて、簡単には語れない内容なのですがかなり簡潔に書いてます。)

となったために原油価格は暴落してしまいました。

エネルギー資源に依存しているロシアの通貨ルーブルもかなり下がってしまいました。

それが2020年3月6日のOPECプラス減産協議決裂からの流れでした。

原油がマイナスになった!ルーブルは大丈夫?

2020年3月にルーブルが下がった原因は原油の価格と関係していることが分かりました。

そして最初に史上初、4月20日の原油価格がマイナスになったニュースについて言及しました。

原油価格がマイナスになったけど、ルーブルは大丈夫なの?

4月12日にロシアはOPEC+原油協調減産に正式に合意しました。

原油価格がマイナスになっているのは先物取引の5月物です。

6月以降の先物の原油価格はマイナスではないです。

コロナで経済活動の自粛がどのくらい長引くかによって、今後も可能性としてはマイナスはあり得るかもしれません。

2020年4月21日現在は原油価格のマイナスがルーブルに響いている感じはありません。

下がるだけ下げてたといのはあると思います。

(しかし、依然ルーブル1ルーブルは1.4円ほどで推移しています)

コロナ感染拡大と経済

新型コロナウイルスのパンデミックでロシアでは自宅隔離が4月末まで延期されました。

それに伴った経済的ダメージに対し、ロシアは失業手当の引き上げや収入が急減した場合のローン返済、中小企業の納税を延期するなどの救済策を打ち出しています。*

(※https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57604700T00C20A4000000/)

ロシア財政のマイナス分は・・・?

原油価格の減少によって、主要な歳入減である石油ガス関連収入が3兆ルーブル(約4.2兆円。1ルーブル約1.4円)減少するため、財政赤字が発生すると指摘。これには国民福祉基金(注)を用いて埋め合わせると語った(「インターファクス通信」3月18日)。

※(注)石油天然ガスの輸出余剰金の一部を積み立て、インフラプロジェクトや開発金融機関への資金供給、対外債務返済などに活用されている国家ファンド。

引用:https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/03/5d5836661ab59dc0.html

コロナウイルスの感染拡大について

全世界がコロナウイルスと必死に戦っています。

日本の見通しさえ立たない現在で、ロシアについて言及するのはどうかと思いましたが、このテーマを語るには切り離せない問題です。

画像引用:https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-chart-list/

前述の通り、ロシアでは3月28日から自己隔離が始まり、4月5日までの予定が4月末まで延期されました。

しかしながら、感染者数は増加し続けています。

3月末に約2300人だった感染者は4月19日までに4万2853人に増え、死者は361人に達した。中国でもロシアからの帰国者の感染が多数報告されており、ロシアの実態は公式発表より深刻な可能性がある。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041900138&g=int

 

プーチン氏は17日、地方知事らとのテレビ会議で「(感染)拡大のリスクは非常に高い。ピークには達しておらず、感染者数は増えるだろう」と述べ、対策に万全を期すよう求めた。

引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041900138&g=int

 

まだピークに達していないとの認識みたいです。

21日現在でこの状態だと、自己隔離の期間は再延期される可能性もありますね。。

ロシアでコロナに感染したかもしれない日本人記者

JPpressでロシア在住の日本人記者がコロナの疑いで入院されている話を投稿されていました。

大変興味深いです。

コロナ疑いで入院したロシア公立病院の実情

正直、前日までの体調不良のことも忘れていた。しかしベッドに入って目を閉じた時、突然「それ」はやって来た。

ものすごく寒い。まるで裸で真冬のシベリアにいるかのように、身体がガタガタと異常に震え始めた。

ブルッとするような震えではなくて、自分が地震の発生源になっているかのような大きな震えだ。歯もガチガチ鳴っている。

温かい部屋で布団にくるまっているのに、寒すぎて手も足も動かせず、心臓が早鐘を打ち、全身がとても痛い。

引用:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60226

まだ入院されているとのことで、早く回復されて元気に退院されることを祈っています。

コロナ不況がロシア人をジワジワと苦しめる

国営だったりする会社に勤めていると、休業でも補償はしっかりしているかもしれません。

自己隔離が続くロシアでは、経済政策が行われているもののフリーランスや起業家を苦しめています。

観光ガイドをしているロシア人は収入が0になったり、会社勤めでも給料は入っても半額だったり・・・。

私の義妹(ロシア人)は現在ロシアで美容師として働いているのですが、給料が全く入らないとのことでした。

契約がグレーな仕事も多くあると聞きます。

もちろん、ロシアでなく世界規模で失業者が増え続けています。

日本でも学生たちがバイト代が入らなくなったとか、契約社員が契約を切られたりと影響が出ています。

コロナ後のロシア

ロシアは財政をエネルギー資源依存から少しでも脱しようとしている最中でした。

まだまだエネルギー資源に依存しているロシアが直面した原油安とそれに連動するルーブル安。

でもロシアは歴史の中で何度も金融危機を経験して脱しています。

輸入に頼らなくてもいいように自国の生産に力を入れてきました。

また、ロシア人は畑を持っている人も多い。

ロシアの食料自給率は65%~75%*らしく、小麦は100%を越えていて輸出しています。(https://jp.sputniknews.com/opinion/201708244014818/)

コロナのニュースで隠れていますが、アフリカでバッタが異常発生して畑のものを全て食べてしまっているそうなのです。

食糧難の時代がくると言われています。。

ロシアは輸出を制限するそうです。

食糧難が来たら日本は・・・。。いや、今バッタを止めてほしい!!

未来のことは誰にも想像できませんが、食料自給率が高いことは強みだと思います。。

(すいません、素人の私ではこの程度しか言えない・・・)

おわりに

ロシアの経済に関連してコロナのことも書いてきました。

しかし、私たちの健康があっての経済活動です。

前回、記事を書いていた時は「3密を防いで、生活しましょう」みたいな感じの日本でした。人があまりいないところを避けて、息子を散歩に連れていっていましたが・・・

緊急事態宣言が出てからは、我が家は引きこもり生活が続いています。

何日か出社予定でしたが、それもなくなり在宅で子どもを見ながら仕事しています。

引きこもり生活が続きますが、医療崩壊を起こさないためにも出来るだけ我慢ですね。。

 

私たち世界はリーマンショックも経験したし、ロシアは何度も金融危機を脱したし、日本は災害も多い国なのに何度でも立ち上がってきました。

きっと今回も皆で力を合わせれば乗り越えられます☺!

お読みいただき、ありがとうございました。

皆さま、ご自愛ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。